Works

論文

学位論文

2006年3月
「東松照明、写真集『〈11時02分〉NAGASAKI』を読む――原爆の表象を巡って――」
同志社大学修士(芸術学)学位論文
2013年3月
「日本の報道写真を巡る理論と実践――編集の視点から――」
同志社大学博士(芸術学)学位論文:(甲)第567号

学術論文

2008年3月
「世界を構成する東松照明の視線――愛知曼荼羅に見る構図の様相――」
岸文和(研究代表)『絵画行為論 : いかにして画像をもって事をなすか』
科学研究費補助金〔基盤研究(C)〕研究成果報告書、105-146
2009年9月
「伊奈信男『写真に帰れ』再考――「宣伝扇動」写真のマニフェスト――」
『大正イマジュリィ』第4号、大正イマジュリィ学会、130-148
2010年5月
「星座と星雲――「名取=東松論争」に見る「報道写真」の諸相――」
『映像学』第84号、日本映像学会、21-37
2011年6月
「写真の「危機」――伊奈信男と「エロ・グロ・ナンセンス」――」
『美学』第238号、美学会、97-108
2013年3月
「いまだ揚がらない星条旗――ジョー・ローゼンタール《硫黄島の星条旗》――」
『文化学年報』第62輯、同志社大学文化学会、496-511
2013年3月
「私的・写真・集積――歴史の中の私的な写真――」
『大正イマジュリィ』第8号、大正イマジュリィ学会、65−79

書籍等出版物

2010年7月
「写真を見ることの涯に――中平卓馬論――」
2013年4月
「長崎の皮膚――『〈11時02分〉NAGASAKI』――」
2016年11月
「ゴジラの二つの身体――カタストロフとアーカイヴ」

翻訳

2009年11月
モーガン・ピテルカ「楽の建水と一枚岩的誠実性の問題点」
2011年6月
サンドラ・S・フィリップス「森山大道 ストレイ・ドッグ」
『森山大道 オン・ザ・ロード』月曜社、357-375(甲斐義明氏との共訳)
2011年9月
ティエリー・ド・デューヴ「タイム露光とスナップショット」
太田孝彦(研究代表)『江戸時代における絵画の鑑定・評価・価格』
科学研究費補助金〔基盤研究(C)(2)〕研究成果報告書、164-179

編集

2013年1月
展覧会図録『かげうつし――写映・遷移・伝染――』(森山貴之との共編)
発行:ギャラリー@kcua
2017年3月
記録集『Sujin Memory Bank Project #01デラシネ――根無しの記憶たち』
発行:京都市立芸術大学芸術資源研究センター

その他

2008年12月
「ガジェット試論 ――物の遊びに遊ぶ――」
「gadget展」 会場配布リーフレット掲載テクスト(於:京都芸術センター)
2010年2月
「明かるいタイル――中村裕太論――」
「中村裕太展 めがねや主人のペンキ塗り」リーフレット掲載テクスト
2010年10月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉 Vol.11
2011年5月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉 Vol.12
2012年1月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.14
2012年5月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.15
2012年5月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.15
2012年5月
ウェブマガジン:AMeeT
2012年12月
ウェブマガジン:AMeeT
2013年1月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.17
2013年1月
「かげうつし――写映・遷移・伝染――」
展覧会図録『かげうつし――写映・遷移・伝染――』
2013年4月
ウェブマガジン:AMeeT
2013年10月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.19
2013年11月
「美術館と映画館のあわいで(「映画をめぐる美術」展評)」
2013年12月
「展評’14[1]オサム・ジェームス・中川写真展「沖縄-オキナワ-OKINAWA」」
2014年2月
「ポスト・ドキュメンタリーの挑戦(高橋耕平個展「HARADA-san」展評)」
2014年2月
書評:鳥原学『日本写真史(上・下)』(中央公論新社)
2014年3月
「東西・写真探偵ノート〈西〉」
2014年5月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.21
2014年5月
「作品としての写真、メディウムとしての写真(「第2回 KYOTOGRAPHIE」展評)」
2014年5月
「東西・写真探偵ノート〈西〉」
2014年7月
「東西・写真探偵ノート〈西〉」
2014年8月
参考文献リスト・解説
展覧会図録「これからの写真」展(於:愛知県美術館/会期:8月1日〜9月28日)
2014年8月
「〈たしからしさの世界〉の亡霊(アピチャポン・ウィーラセタクン「PHOTOPHOBIA」展評)」
2014年9月
「東西・写真探偵ノート〈西〉」
2014年11月
「空と〈ここ〉のあいだに(「小田原のどか作品展《↓》」展評)」
2014年11月
「東西・写真探偵ノート〈西〉」
2014年12月
「写真にうつる〈かげ〉」『総合漫画誌 キッチュ』第6号、スタジオキッチュ
2015年1月
2015年2月
「修復と復興(「阪神・淡路大震災から20年」展評、兵庫県立美術館)」
2015年2月
報告文:シンポジウム「ゴジラ再考」
2015年3月
ウェブマガジン:AMeeT
2015年4月
ウェブマガジン:AMeeT
2015年5月
表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.24
2015年5月
「歌い継がれる歴史(川村麻純個展「鳥の歌」展評)」
2015年6月
書評:崔仁辰『韓国写真史』(犬伏雅一監訳、青弓社)
『週刊読書人』2015年6月12日号
2015年8月
「広島なう(三田村陽個展 『hiroshima element』展評)」
2015年11月
「記録を〈再生〉する。(秘仏十一面観音像御開帳関連企画「kiseki -キセキ-」展評)」
2016年2月
「『記録』の散種(小森はるか+瀬尾夏美「波のした、土のうえ」/小森はるか『息の跡』展評)」
2016年4月19日
林勇気「電源を切ると何も見えなくなる事」(京都芸術センター)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2016年5月
「報道の記録(「WILL:意志、遺言、そして未来―報道写真家・福島菊次郎」展評)」
2016年6月3日
森村泰昌「自画像の美術史:『私』と『わたし』が出会うとき」(国立国際美術館)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2016年7月1日
伊藤隆介+中田有美「ジオラマとパノラマ」(京都芸術センター)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2016年8月
生と死、そして再生(古橋悌二《LOVERS-永遠の恋人たち》+資料展示 展評)」
2016年8月26日
「あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術」(京都国立近代美術館)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2016年9月7日
「アートと考古学」(京都文化博物館)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2016年10月14日
「物質性ー非物質性 デザイン&イノベーション」(京都dddギャラリー)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2016年11月4日
「髙橋耕平−街の仮縫い、個と歩み」(兵庫県立美術館)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2016年10月14日
ジェーン・ロゴイスカ『ゲルダ・タロー ロバート・キャパを創った女性』(木下哲夫訳、白水社、2016年)書評 
『週刊読書人』2016年11月25日号
2017年1月24日
「金川晋吾個展 father 2009.04.10」(Gallery176)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2017年1月25日
「レビュー:ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット著、青山勝編集・翻訳『自然の鉛筆』」
『映像学』第97号
2017年3月24日
「endless 山田正亮」(京都国立近代美術館)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊
2017年4月24日
ウェブマガジン:AMeeT
2017年4月28日
「山城知佳子展(KYOTOGRAPHY 2017)」(堀川御池ギャラリー)展評
『日経新聞(関西版)』夕刊

口頭発表

学会発表

2007年10月7日
「長崎の皮膚――東松照明の『<11時02分>NAGASAKI』を読む――」
第58会美学会全国大会(於:北海道大学)
2008年3月8日
「伊奈信男『写真に帰れ』再考――1930年代の『新興写真』を中心に――」
第5回大正イマジュリィ学会全国大会(於:京都精華大学)
2009年3月14日
「『報道写真』の諸相――『名取=東松論争』を手掛かりに―― 」
日本映像学会関西支部 第56回研究会(於:同志社大学)
2010年10月10日
「写真の「危機」――伊奈信男と「エロ・グロ・ナンセンス」―― 」
第61回美学会全国大会(於:関西学院大学)

研究会/シンポジウム発表

2004年11月27日
「影山光洋の写真――「記録」への試み――」
写真研究会、於:同志社大学
2006年3月11日
「東松照明 写真集『〈11時02分〉NAGASAKI』を読む」
第二回視聴覚文化研究会:修論卒論発表会、於:京都精華大学
2006年8月1日
「東松照明の初期写真――長崎以前としての愛知曼陀羅――」
第四回視聴覚文化研究会、於:神戸大学
2007年6月23日
「視覚文化とその変遷――Martin Jay OCTOBER 77, summer, 1996」
第八回視聴覚文化研究会、於:西宮市民会館アミティホール四階小会議室A
2008年9月3日
「沖縄を「報道」する――東松照明の沖縄写真――」
露光研究発表会、於:沖縄県立芸術大学
2009年11月21日
“Editing the Media: Analysis of the graph-montage edited by INA Nobuo”
18th AUDITORY VISUAL CULTURE STUDIES, @Doshisha University
2010年3月29日
“Constellation and Nebulosity: Aspects of realism in “the Natori-Tomatsu dispute”
19th AUDITORY VISUAL CULTURE STUDIES, @Doshisha University
2010年8月28日
「新興写真運動とエロ・グロ・ナンセンス」
イメージ(論)の臨界[7]:アーカイヴ・ヴァナキュラリティ・生成、於:京都大学
2012年1月28日
「東松照明と原爆の表象」
シンポジウム「震災と映像」(関西大学東西学術研究所特別講演会/比較映像文化班研究例会)
(三浦哲哉、村上雅信、門林岳史、堀潤之、林田新)、於:関西大学
2012年3月17日
「私的・写真・集積」
シンポジウム「遍在する残像――パテ・ベビーが映し出す1930年代日本の〈小さな歴史〉――」
(第9回大正イマジュリィ学会全国大会)、於:北仲スクール
2014年9月7日
「八月の光――東松照明と長崎――」
露光研究発表会2014、於:沖縄県立芸術大学
2014年11月8日
シンポジウム「ゴジラ再考」
(ミツヨ・ワダ・マルシアーノ、林田新、猪俣賢司、石田美紀)
表象文化論学会第9回研究発表集会、於:新潟大学五十嵐キャンパス
2015年5月1日
京都国際現代芸術祭・新潟大学人文学部地域映像アーカイブセンター共催プログラム
シンポジウム「にいがた地域映像アーカイブ」
第一部「地域の映像(写真)を読む」
(榎本千賀子、林田新)於:京都市美術館PARASOPHIAルーム
2015年9月19日
「なんでそんなもんが出来てきたん」
シンポジウム「ほんまのところはどうなん、「アーカイブ」~初心者にもわかるアーカイブ論 ~」
(加治屋健司、加須屋明子、佐藤守弘、林田新、森村泰昌)於:京都芸術センター講堂
2015年12月26日
「宣伝広告のディスクール空間――ショーウィンドーの視覚文化論:序説」
サントリー文化財団研究助成プロジェクト第5回国際シンポジウム
「東アジアにおける大衆的図像の視覚文化論」
於:同志社大学

その他

2008年12月21日
gadget展関連企画トーク・セッション
(林田新、中西園子、今村遼佑、中村裕太、西園淳、芳木麻里絵)、於:京都芸術センター
2010年8月7日
上原徹個展「INERT MODULES」関連企画アーティスト・トーク
(上原透、佐伯慎亮、林田新)、於:AD&A gallery
2010年9月26日
「OUR dialogue#2 明るい部屋の中の3つの「写真」」
(林田新、安河内宏法、上原徹、大西正一、水木塁)、於:Social Kitchen 2F space
2011年2月22日
長谷正人『映画というテクノロジー経験』刊行記念トーク・ショー
「映画を見るという経験とは何か?」
(長谷正人、増田展大、林田新、岩城覚久)、於:MEDIA SHOP
2011年7月16日
佐藤守弘『トポグラフィの日本近代』刊行記念トーク・ショー
「手のひらの中の風景:景観表象をめぐるポリティクス」
(佐藤守弘、松谷容作、熊倉一紗、林田新)、於:MEDIA SHOP
2012年1月14日
トーク・セッション 盆栽
(川崎仁美、苅谷昌江、中村裕太、林田新、水谷亜希)、於:Social Kitchen 2F space
2012年7月28日
上田学『日本映画草創期の興行と観客――東京と京都を中心に――』刊行記念トーク・ショー
日本初期映画のプラクティス――興行・観客・都市――
(上田学、松谷容作、篠木涼、林田新)、於:MEDIA SHOP
2014年11月1日
(ジョアン・ガルシア、福原直輝、林田新)、於:旧新田小学校校舎
2015年4月11日
西山裕希子 個展「You」関連トーク・イベント
(西山裕希子、林田新)、於:Gallery Parc
2015年5月2日
対談「アーカイブと対話する」
津田睦美個展「Dialogues.」関連トーク・イベント
(津田睦美、林田新)、於:Gallery 16
2015年5月17日
展覧会「あなたはいま、まさに、ここにいる」関連トーク・イベント
(小田原のどか、佐々木友輔、林田新)、於:アキバタマビ21
2015年5月23日
トーク/レクチャー「写真(と)アーカイブ」
於:The Third Gallery Aya
2015年7月25日
伊丹豪個展「RODIN/starman」オープニング・トーク
(伊丹豪、林田新)於:中之島バンクス de sign de>
2015年8月29日
「写真と記録」
特別集中講義「写真(をめぐる)言説――PARADIGM SHIFT――」(2015年8月29日, 30日)
於:ドーンセンター5F セミナー室(1)
2015年9月11日
大久保遼『映像のアルケオロジー』刊行記念トーク・イベント
「うつし世は夢 夜の夢こそまこと:プロジェクションメディアの近代」
(大久保遼、上田学、篠木涼、唄邦弘、林田新)於:MEDIA SHOP
2016年3月6日
Suuzin Memory Bank Project #00 ワークショップ 声なき声――写真の細部・歴史の細部――
(髙橋耕平、林田新、水島久光、山内政夫)
於:うるおい館東館 下京いきいき市民活動センター 3F 和室
2016年5月21日
「記述の技術 Art of Description」アーティスト・トーク
(小森はるか、瀬尾夏美、佐々木友輔、髙橋耕平、櫻井拓、林田新)、於:MEDIA SHOP
2016年9月11日
Colors of KCUA 2016「ニューバランスはあらわれた」関連イベント #学生とキュレーション
(吉岡恵美子、加須屋明子、伊東宣明、林田新)、於:京都市立芸術大学ギャラリー@kcua
2016年11月4日
山城知佳子作品展トークショー
(山城知佳子、菅野優香、松谷容作、林田新)、於:MEDIA SHOP Gallery
2017年1月22日
「Sujin Memory Bank Project #01デラシネ――根無しの記憶たち」関連シンポジウム「アート/アーカイヴ/ヒストリー」
(髙橋耕平、水島久光、江上ゆか、林田新)、於:柳原銀行記念資料館
2017年2月5日
国際シンポジウム:《仮》ぐらしのアーティスト 台湾—韓国—日本のアーティスト・イン・レジデンスの可能性
(Chou Yun-Ju、Part-time Suite、山下里加、司会:林田新)、於:MEDIA SHOP Gallery

その他の活動

学会関係

2010年3月(至現在)
大正イマジュリィ学会広報委員(幹事)
2010年10月(至2014年11月)
表象文化論学会広報委員
2013年3月(至現在)
大正イマジュリィ学会編集委員

ウェブ・サイト作成

展覧会

企画
2008年12月14日(日)~12月26日(金)
gadget展(於:京都芸術センター)
2012年11月3日(土)~11月25日(日)
かげうつし |写映|遷移|伝染|(於:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)
2015年3月7日(土)~5月10日(日)
第2回かげうつし展「Here-After」(於:元・崇仁小学校)
2016年5月21日(土)~6月12日(日)
記述の技術 Art of Description(於:ARTZONE+MEDIA SHOP gallery)
2016年11月12日(土)〜2017年2月19日(日)
「Sujin Memory Bank Project #01 デラシネ――根無しの記憶たち」(於:柳原銀行記念資料館)
協力
2015年11月21日(土)〜12月6日(日)
「岡崎和郎/大西伸明 Born Twice」(於:於:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)

その他

2015年1月17日
取材「ニュースを読み解く 京滋の視点」『京都新聞』2015年1月17日朝刊

 

Blind Spot
Vol.1:写真の現在(ゲスト:中村史子)2012年5月23日、於:MEDIA SHOP
Vol.2:写真の過去(ゲスト:小林剛)2012年7月11日、於:MEDIA SHOP
Vol.3:写真の未来(ゲスト:高橋耕平)2012年8月4日、於:MEDIA SHOP
Vol.4:写真と抽象(ゲスト:田中和人、三宅砂織)2012年11月14日、於:MEDIA SHOP
Vol.5:〈かげうつし〉からさらに考える、2012年11月25日、於:ギャラリー@KCUA1,2
Vol.6:つっちーときりーの写真大喜利――関西旅情編――、2013年7月7日、於:MEDIA SHOP